LOG IN

牛根麓漁港水産流通基盤(特定)整備工事 海上サンドコンパクションパイル工法

■海底に砂の杭を打ち込む特殊船を見に行った 今回は鹿児島県垂水市にある牛根麓漁港へ行ってきました。 なんでも日本に数隻しかないという巨大な特殊船(サンドコンパクション船)が来ているということで、取材前から楽しみにしていたのですが… なんと取材予定日に台風が2度も直撃し、リスケに続くリスケ。 このままでは取材するタイミングがないままサンドコ

山川漁港 水産流通基盤 (特定) 整備工事 -防波堤整備

今回訪れたのは、山川漁港で行われている防波堤整備の現場です。 これまで山川漁港では「湾内の浚渫工事」と「荷捌き施設の増築工事」を撮影してきましたが、今回の防波堤はその沖合にあり、湾内を航行する船舶の安全性を高め、荷捌き施設を波から守る機能を持っています。 ■ブロックを作る地上ヤード まずご紹介するのは防波堤を固める「消波ブロック」を作

鹿児島3号切通地区 2工区改良工事

さて、今回訪れたのは鹿児島と熊本の県境「出水市境町切通(きずし)地区」で行われている、「南九州西回り自動車道」の現場です。 南九州西回り自動車道は、八代市を起点とし、水俣市、薩摩川内市を経て鹿児島市に至る全長140キロメートルの国直轄で整備する高規格道路になります。現在起点の八代からは水俣まで開通しており、鹿児島側は現在「水俣~出水

第一古里川砂防施設改築工事

今回は鹿児島の象徴ともいえる桜島の生活を支える砂防施設を訪れました。 場所は桜島の南側にある古里町にある第一古里川。 中央下に見えるのが今回の現場「第一古里川砂防施設」 桜島は日常的に噴火を繰り返す活火山なため、火山灰などの噴火堆積物が雨により流され土石流が発生しやすい状況にあります。 土石流は下流のインフラを分断し、時として住民や来訪

さつま町 児童発達支援センター「クオラバンビーノ」(仮)新築工事

今回ご紹介する現場はさつま町で現在工事中の 児童発達支援センター「クオラバンビーノ」(仮)です。 さつま町にはすでに1棟「クオラバンビーノ」があり、こちらは2棟目。名称もまだ仮称です。 完成後は、発育又は発達に不安がある就学前児童に対し、日常生活が健やかに送れるようサポートしたり、集団適応の練習をする場になるそうです。 昨年11月から始まった