LOG IN

国道10号隼人真孝地区外舗装工事 第2弾

前回訪れてから約1週間、霧島市の隼人町真孝地区の舗装工事の現場を再び訪れた。 今回は夜間での作業が行われるということだ。

山川漁港水産流通基盤(特定)整備工事

今回の現場は山川漁港。山川漁港は、鹿児島県指宿市の鹿児島湾入り口部に位置する山川湾の地形を利用して作られた漁港だ。山川湾は砂嘴(さし)によって概要と区切られているため波が入りににくく、昔から港として利用され、現在でも台風接近の時などには避難港としても利用されている。また、古くから天然の良港として栄えており、鹿児島県の基幹産業の一つ

国道10号隼人真孝地区外舗装工事

国道10号線は交通量が多く時間帯によっては、頻繁に渋滞が発生している幹線道路である。今回の事業は、道路を拡幅し路面をきれいにする事で、交通事故防止や渋滞の緩和が図られ、安全快適な走行空間を確保する事を目的に進められており、地元住民の皆様にとっても、騒音・振動によるストレスが軽減されるなどという効果が見込まれる工事だ。 今回は鹿児島県

南九州市頴娃町 太陽光発電所造成工事

鹿児島県の南九州市で太陽光発電所の建設工事が進んでいる。南九州市は、薩摩半島南部に位置する「日本一のお茶」でも有名であり、2007年12月に頴娃町・知覧町・川辺町が合併した南九州市は3町ともお茶の生産が盛んであり、全国の市町村の中で、お茶の生産量・栽培面積ともにトップを誇っている。今回の現場は、周囲に茶畑が広がっている南九州市頴娃町の丘陵

鹿児島3号出水北IC7工区改良工事を訪れた

今回から始まった鹿児島県鹿児島市に本社を持つ南生建設の現場巡り。 最初の現場は南九州西回り自動車道の「出水北IC」予定地を訪れた。 今回南生建設が請負っているのは、道路を作るにあたり丘だった場所の「土工(土を切り崩し処理する作業)」とのこと。実はこの現場、鹿児島に引越してから、水俣方面に抜ける際に横を通るたびに気になっていたのだ。 今回現